2017年10月18日水曜日

仲村直+米村知倫「メモリシティ」

こんにちは、スタッフの二宮です。


仲村直+米村知倫「メモリシティ」、始まっています。







みなさんにも過去の記憶というものが脳やからだの中にあるかと思いますが、

自分たちの記憶に残っているイメージ、
または空想からイメージしたものをイラストにして、
それをぼんやりとつなげて、ひとつの架空の町にしてみたら、
そこからはいったいどういう景色が見えるのだろう?
そう思い立ち、今回展示をやってみることにしました。
そこはタンバリンギャラリーでありながら、
無意識と意識が織り交ざった幽霊のような町かもしれません。
それらは記憶のメモリー、パソコンのメモリ、なにかを図る目盛りーだったりします。
さて、ようこそ、メモリシティへ。
サイトより)





  


熊本に生まれ、現在は大分にて活動している米村さんと、
京都に生まれ、日本を点々とし、現在は東京にて活動している仲村さんは、
2年ほど前、イベントをきっかけに知り合います。

仲村さんがあるとき、前世が見える人に自分自身を見てもらった際に、
「一度、誰かと組んでやってみるといい。」と言われ、
さて、誰と組もう、と考えたときにふと米村さんのことが浮かび、
それからすぐに米村さんに連絡をとり、今回の展示へと繋がって行きます。

まるで旧知の仲のように思えるおふたりですが、
ある意味運命的で、引き寄せられたものがあるのかもしれません。

それほどまでに、この『メモリシティ』は、
絶妙のコンビネーションで作られています。










ヒキの構図で、自分の記憶の中にある街を、
モノクロの線で描き込んで行く米村さんと、
ヨリの構図で、自分の頭の中にある架空の街を、
鮮やかな色彩で塗り込んで行く仲村さん。


描き方もその内容も、まったく対照的なおふたりですが、
どこか丸みのある表現に、やわらかな雰囲気が心地よく、
ランダムに配置される事にまったくの違和感を感じません。

「よねさんの絵を見ようとすると、近づいてみるために、僕の絵は目に入らなくなり、
 逆に僕の絵を見るために遠くで見ていると、よねさんの絵が見えなくなるんですよね。
 お互いにじゃましてない感じがして、これは設営して気付いたので驚きました。」

と仲村さん。
おっしゃる通りで、ランダムに配置されたお互いの絵は、
ここちよいリズム感を生んでいます。
また、添えられたキャプションもそれぞれ文章の描き方が全く違うので、
そこもまたおもしろいところ。
記憶を探って、どこか郷愁をくすぐる米村さんの文章に、
歌詞のような、言葉遊びのような、テンポの心地よい仲村さんの文章、
どちらも独特の感性です。









会場をぐるりと見て回って行くと、
どこかなつかしくておかしくて、あたたかいものがおなかの底にたまっていきます。
記憶というのは曖昧で、子どもの頃のことも、
それが本当にあったことなのか、自分で勝手に作った物語なのか、夢でみたものなのか、
どれだかわからないことがたくさんあります。
そういったものをまるっと包み込んでくれるものが、
メモリシティにはあるのかもしれません。





米村さん、仲村さんとも、毎日どちらかが在廊されてます。

21(土)には17時よりレセプションパーティが開かれます。
実は、メモリシティの歌も、あるようなので、
ぜひお二人に歌ってもらいたいですね。
こちらはどなたでもお越し頂けますので、どうぞお気軽にいらしてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


2017/10/17(火)~10/22(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

*RECEPTION PARTY 10/21(土) 17:00~20:00


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


NEXT EXHIBITION>>
2017/10/24(火)~10/29(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017年10月11日水曜日

平林義男「a pendulm」

こんにちは、スタッフの二宮です。

平林義男「a pendulm」始まっています。




平林義男さんは、長野を拠点に制作活動を続けており、
タンバリンギャラリーでは、2014年10月2015年10月に続き、
今展で3回目の個展となります。










ペインティング、コラージュ、オイルサーフェイスなど、
様々な技法をミックスして描かれた作品は、全部で50点ほど。
平林さんがここ半年で描いたもので、実際はこの3倍ほどの作品が生まれたそうです。

「今回は、描くのがすごくたのしかった。」
と平林さんはおっしゃいます。









描かれるものは、人間だったり動物だったり植物だったり、
平林さんが飼ってらっしゃる亀の「テツオ」もしばしば登場します。
1日2〜3枚描ける時もあれば、全然描けない時もあり、
それでも日記のように、描くことをやめず、

「手で描いていることは、生きていることのあかし。」

だと平林さんはおっしゃいます。

「枯れた絵は描きたくないから、
 いつでもみずみずしい感性やわくわく感を持っていたいよね。」と。

絵の中には、描かれたモチーフの持つ楽しさ可愛らしさに加え、
手で描いて切って貼ったあとが力強く残る
平林さん自身の生命力の様なものを感じます。

今回のタイトル『a pendulm』とは、英語で「振り子」の意味。
振り子のように揺れている社会、世の中。
「世の中に起きていることの方が想像を超えちゃっているから、
 絵くらいは、それを見る時間くらいは、楽しくありたい。」
と平林さん。
様々な想いや願いが、絵の中に込められています。







絵に対して語る時の平林さんの目はまっすぐで力強く、
絵を描く事についての想いの強さが伺えます。
平林さんの在廊の予定は、13(金)14(土)15(日)となっております。
 ぜひ、いろいろな世代の方に見てもらいたいです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017/10/10(火)~10/15(日)
11:00~19:00(月曜休・最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>

2017/10/17(火)~10/22(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

*RECEPTION PARTY 10/21(土) 17:00~20:00

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017年9月27日水曜日

上田三根子「Always beside me!」

こんにちは、スタッフの二宮です。

上田三根子「Always beside me!」始まっています。



広告、雑誌、装丁、絵本など、幅広い分野で活躍中のイラストレーター、
上田三根子さん。
タンバリンギャラリーでは3年ぶり、3回目の個展開催となります。

『Always beside me!』
いつも側にいるよ! といったメッセージのついたタイトルの今展は、
上田三根子さんの生活の一部にもなっている犬と、
女のコたちのシーンが様々に描かれています。







『Always beside me!
今回の新作は、犬と女のコたちの生活をいろいろ描きました。
楽しいときも、悲しいときもいつも一緒に寄り添ってくれる犬はすっかり生活の一部です。
何も喋ってくれなくても、彼らの表情や、動きで何を言いたいのか、
考えているのかわかっちゃうのがおもしろい。
短い彼らの犬生が少しでも楽しいものであるよう願っています。

犬と一緒に暮らすようになって25年くらい。
今は、3頭のケアーンテリアが一緒です。
いろんな犬を描こうかなって思っていたのが、
結局大好きなテリアが多くなっちゃいました!』サイトより)

女のコから犬へ、犬から女のコへ、語りかけている様な言葉が
それぞれの絵の中に組み込まれています。







女のコの着ている洋服や持っているバッグ、部屋の家具や壁紙のデザインは、
三根子さんの身近にあるものから、また、ご自身の好きな雰囲気のものを選んで
描かれています。

様々なポーズでくつろぐスタイルの良い女のコは、
特に何かをみて描くわけではなく、
デッサンで覚えた人間の身体の作りの感覚や、
いままで見て来た様々な記憶の中から、
ご自身で心地良いと感じるラインや形で描かれています。
「写真を見ながら描いても、ほんとうの人間の形にはならないから。」
とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

なにかの模倣ではなく、ご自身の体験から取得した感覚で描くものだからこそ、
その人らしい絵が生まれるのかな、と
お話を聞きながら、また絵を見ながらそう思ったのでした。







毎回の個展でのお楽しみ、グッズも豊富に取り揃えてあります。
ミラー、キーホルダー、缶バッジ、お猪口カップ、マグカップ、他、
犬の犬種もさまざまありますので、ぜひお気に入りを見つけて帰ってくださいね。






初日のオープニングパーティも大盛況で、
ケータリングのおもてなしも秋らしくとても華やかでした。

「なんだか明るい絵が見たくて。」といらっしゃったお客さまもいるほどに、
赤や黄色、ブラウンにベージュと、オータムカラーで彩られた絵が
ギャラリーの壁にずらりと並び、
とても温かで楽しさに溢れた会場となっております。

ぜひ外を歩くだけで嬉しくなるこの季節に、
足をお運びいただけたら嬉しいです。

『Always beside me!』は10/2(月)のお休みをはさみ、
10/8(日)まで続きます。
最終日にはクロージングパーティも開かれ、
トークショーなども現在計画中ですので、
ぜひ三根子さんの在廊予定とあわせて、
SNSなどでチェックされてみてください。


・ ・ ・ ・ ・ ・


2017/09/26(火)~10/08(日)
11:00~19:00(月曜休・最終日18:00まで)
*オープニングパーティー 09月26日(火) 18:00〜20:00
*クロージングパーティー 10月08日(日) 16:00〜18:00

・ ・ ・ ・ ・ ・

NEXT EXHIBITION>>
2017/10/10(火)~10/15(日)
11:00~19:00(月曜休・最終日18:00まで)


・ ・ ・ ・ ・ ・