2017年11月22日水曜日

加納成浩 銅版画展「Nothing Really Blue」

こんにちは、スタッフの二宮です。

加納成浩 銅版画展「Nothing Really Blue」始まっています。



グラフィックデザイナーの仕事を長くされていた加納成浩さんは、
2年半ほど前から銅版画を始めます。
初個展となる今展は、大小含め、30点あまりがギャラリーの壁に並んでいます。















無造作に切った銅版の形を元に人間の顔を描いた「MASK」というシリーズ、
深い森のなかに表れてくる不思議な生き物たち、
神話に登場するような架空の生き物、
人の様な植物の様な、抽象と具象を行き来するものたち、
加納さんの頭の中に広がる奥深い世界が、
画面上に表れています。

版に描き、引っ掻いて傷をつけたり腐敗させたり
刷った紙を一度燃やしたり、刷り具合が気に入るまで何度もやり直したり、
一つの絵が完成するまでにも、いくつもの行程があり、長い時間を要します。
その時間の幅や、奥行きまでもが、伝わって来て、
こっくりと、長い時間絵の前に佇んでいる自分がいます。







会場に流れる音楽は、加納さんが制作しているときにいつも聞いているという
「Penguin Cafe Orchestra」だそうで、
展覧会のタイトル「Nothing Really Blue」も、
Penguin Cafeのアルバムのタイトルから付けており、
Penguin Cafeをモチーフにした作品もあります。
どこか陽気で少しさみしげで、おとぎ話のような加納さんの作品と呼応するように、
音楽がとても馴染んでいました。









もともとは、絵を描いていたという加納さんは、
グラフィックデザインの仕事をするようになってからは、
全てデジタルでの作業となり、
その反動から銅版画を始めた、とおっしゃいますが、
ずっと加納さんのなかに眠っていた世界の扉が、
少しずつ開いて、表に出て来たようです。




淡々と物語る加納さんも、とても素敵な方ですので、
ぜひいらして、言葉を交わされてみてください。
加納さんは、毎日在廊の予定となっております。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017/11/21(火)~11/26(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>
2017/11/28(火)~12/3(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017年11月16日木曜日

FLASH, SPIN, and FLY 吉泉ゆう子/ちぎらはるな/京極あや

こんにちは、スタッフの二宮に替りまして濱口雅彦です。
FLASH, SPIN, and FLY 始まっています。


吉泉ゆう子・ちぎらはるな・京極あや・
女性イラストレーター3人が<FLASH,SPIN,andFLY>なのです
2015の「エロスについて展」に続いて 
テーマを変えて  FRESHに暴れ出しました。


なんのこだわりもなく、屈託もなく、羞恥心などの表現を縛る概念は捨てて
ほんとに素直にそれぞれが30枚以上(30人以上)の夢のように輝いている
女性(少女心満載)をパワフルに描きだしました。
クールでポップチューンなFOREVER Girlsですから
Pop-Magazineから飛び出して来た所が omotesandou hillsだったり
Cat Streetだったり、SPIRALarea とか109area だったりするわけです。


 京極あや は・・・   ちぎらはるな は・・・・   吉泉ゆう子 は・・・
3人のパワーが集まると熱気が生まれ、愉しいミラクルがほとばしり、
離れられられない やっぱり 愛しい 女性に囲まれた感じです。
POP FREEで 様々な表現は街ちで見かける女性が一層輝いて
一人ひとりを 頭にえがき丁寧に描きあげることで、理屈無く美しいと気づかせてくれます、
3人娘に 感謝です
PLUS 3人娘が 自分を描きだした 大判姿絵は 必見。
 



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
FLASH , SPIN , and FLY
<クールでポップチューンなForever Girls。キラめいて回って飛んでいけ!>
吉泉ゆう子/ちぎらはるな/京極あや
2017/11/14(火)〜11/19(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
加納成浩 銅版画展「Nothing Really Blue」
2017/11/21(火)~11/26(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

2017年11月8日水曜日

風にのって -めぐみめぐる- やまぐちめぐみ作品展

こんにちは、スタッフの二宮です。

「風にのって -めぐみめぐる- やまぐちめぐみ作品展」
始まっています。




2015年の9月に、49歳で亡くなる直前まで絵を描き続けたやまぐちめぐみさん。
タンバリンギャラリーでは、2010年7月2015年5月2015年11月に個展を行っており、今回が4回目となります。
今展では、絵を描き始めた当初の作品から晩年の作品まで、
様々な年代に描かれた、30点あまりの作品が並んでいます。





 


  


アクリル絵の具、オイルパステル、色鉛筆、コラージュ、
画用紙にパネルに段ボールや厚紙の切れ端、
様々な画材で、その時々の描き方で絵を描き続けためぐみさん。
病気を発症する前の、初期の作品は少しきりっとした気の強そうな女性が描かれており、
だんだんと自由でのびのびとしていったという印象があり、
それはめぐみさんの人生を物語っているようにも感じます。

身体が思うように動かなくなっためぐみさんは、
絵を描きながら、鳥になったり天使になったりして、
いろんなところへ旅をしていたのかな、と思います。
それがめぐみさんにとっての自由や、願い、祈り、
そして生きた証だったりしたのかもしれません。
晩年になるにつれて、ファンタジックな作風へ転換していったのも、
そういったことを思わせるものがあります。

その人がいなくなったあとでも、絵はずっと残って、
気候や天気、時間帯、自分のコンディションによって
その絵の見え方も、その時々でかわってきます。
そんな風に見てくれる人に寄り添ってずっとそこにいてくれるのが絵の力であり、
作者がいなくなってしまうとなおさらその絵が本人のように
たくさんのことを語りかけて来ます。
日々せわしなく生きていると様々なことがあり、
忘れてしまうことや、ほったらかしにしてしまうこともありますが、
絵を見れば一瞬にして、いろんなことが蘇ってきます。

こんなにたくさんの絵を残してくれためぐみさんに、感謝の気持ちでいっぱいです。













今展では原画の販売はありませんが、
2018年春に、mille booksにてやまぐちめぐみ作品集の刊行が決まりました。
A5サイズで100ページ近くのハードカバーの仕様になるようです。
様々な特典のある先行予約をギャラリーや巣巣のサイトにて受け付けておりますので、
この機会にぜひお申し込みください。

また、ハンカチやトートバッグ、ポスターにポストカードセットと
グッズも豊富にあります。
めぐみさんがよく作って親しい人や関わりのあった方へ渡していた
「へんちくりん」をムジカ食堂さんが再現した、クッキーとスコーンのセットも、
数量限定でご用意してます。
そうそう、めぐみさんの展覧会ではいつもめぐみさんの焼いたケーキやお菓子が並んでいて、それも楽しみの一つだったので、
あまいものは、めぐみさんの展覧会には欠かせない、ということですね。




11月11日(土)には17時より、
ライブやフード、ドリンクをご用意したパーティが開かれます。
(参加費1000円、予約不要)
こちらもどなたでも参加できますので、お気軽にお越しください。

風にのって、
めぐみさんのことをよく知る方もこれから知る方も、
めぐみさんも、みんな集まって来たらいいな、と思います。
会場にて、あたたかな空気にぜひ触れてください。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

2017/11/7(火)~11/12(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

<クールでポップチューンなForever Girls。キラめいて回って飛んでいけ!>
吉泉ゆう子/ちぎらはるな/京極あや

2017/11/14(火)〜11/19(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
*RECEPTION PARTY 11月14日(火)17:00〜20:00
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


2017年11月2日木曜日

橘 房図「りすりすぼうし店 展」

こんにちは、スタッフの二宮です。

橘 房図「りすりすぼうし店 展」始まっています。




橘房図さんは、ヘアメイクアップアーティストとして、
雑誌、広告、カタログ、ミュージシャンなど幅広い分野で活動しています。
タンバリンギャラリーでは、2013年4月『喫茶"三階"展』、
同年10月『夢見る帽子展』、2015年9月『今、わたしが夢中なのはこれです展』、
開催以来、2年ぶり、4回目の個展となります。

今年の橘さんは、帽子屋さんです。






「うちの従業員たちです。この子が工場長。」
と、まずはリスの従業員のみなさまが、お出迎えしてくれます。
3年程前から、帽子の世界にのめりこんで、ただいま勉強中の橘さん。
今年に入ってからは帽子作り一色、なのだそう。

リスの帽子にどんぐりのクッションを身につける、撮影コーナーもあります。









橘さんがよく通っている豪徳寺にあるuneclef(ユヌクレ)というパン屋さん。

「いろいろなパンを 食べたり眺めたりしているうちに
 いつかこの子たちをたちを作品にしたいなと思うようになりました。」

と、作品集の中の文章にあるように、
マフィンやエピ、カンパーニュが、帽子の姿になりました。
なんてかわいい!なんておいしそう!
ユーモアとおしゃれと大好きの気持ちがたっぷりつまったパンの帽子、
身につけるとなおさら愛らしいです。










そして、今回は、帽子屋さんですから、
帽子のオーダーメイドもできます。
帽子自体の制作は、まだまだ勉強中だということで、
橘さんが買い付けて来た帽子とスカーフを組み合わせて、
その人のイメージで、とってもスペシャルで他にはない、
橘さんのセンスがたっぷり詰まった帽子を作ってくださいます。
こちらは、橘さんが在廊しているときは随時受け付けています。
一点一点手作りの、帽子のブローチも、55個限定で販売しています。

普段は、ヘアメイクアーティストとして活躍している橘さん、
「ヘアメイクのお仕事も大好きだけど、やっぱり何かを物を作る人になりたくて、
 おばあさんくらいになったら、帽子屋さんになりたいなって思ってる。」
と、いらしたお客さんとお話されていました。

いつも、そのときに夢中なことにまっすぐで、
気持ちや、感覚を、橘さんの方法で、わたしたちに見せてくれる、
その独特の世界に浸っている夢の様な時間は、とてもファンタジックで贅沢です。

「明日から、りすりすぼうし店展がはじまります 
 こどものときの
 夢だったり、
 お店やさんごっこだったり、

 おとなになって、そんな夢を 
 叶えやすくなって
 わたしは、明日から一週間
 ぼうし屋さんになります

 本気のおとなの遊び です」

と、橘さんのInstagramに書かれた言葉が、とっても印象的でした。そして、そんな本気のおとなの遊びに、
まざって一緒に遊ぶことのたのしさが、
ここにはあります。




橘さんは、木曜日をのぞき、毎日在廊しています。
ぜひ、お越しいただいて、その世界に浸ってみてください。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
2017/10/31(火)~11/5(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

NEXT EXHIBITION>>
風にのって-めぐみめぐる-やまぐちめぐみ作品展
2017/11/7(火)~11/12(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・